プロフィール

なごみ

Author:なごみ
村のでんきやさんの一角に
手作りサロン 作っちゃいましたー
ほのぼのキャラの手作り大好きなワタシの、和めるページです


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

りんごの力

最近、歯医者とか美容院で目についた  週刊誌の記事

りんごポリフェノール  がいい 

体に良くない活性酸素を 抑制する働きがあり、老化防止や健康に とても良いとか 

老化防止・・・ しみ、シワ、たるみ   この手の記事には目がとまります

りんご    たぶん生まれて何ヶ月かした頃から 口にしているように思います


信州と言えば りんごの生産地   東北のりんごとは また味が違うらしく

県民ショーでやってましたが  信州の人は 子供でも りんごの種類をいくつか言う事ができ

そして、まな板を使わないで 手の上で りんごを切り分けることができるのが 信州人だそうです


家の畑にも昔 りんごの木が何本もあったのですが、 今はもう作っていないので

秋になると 知り合いの りんご農家から コンテナでいくつも まとめ買いをします

信州の冬 と言ったら  りんごと野沢菜漬け でしょう 

長野県が 長寿県なのは りんごのおかげかな

CIMG3467.jpg
秋に購入した ふじ なので  いくぶん保存感がありますが  


特に 皮と実の間に ポリフェノールが多く含まれていて、若い実が良いとか

まだまだ山のようにあるので 毎日、皮も一緒に食べて ・・・・  若さを保ちたいと

りんごを食べて 5?年ですが  いまさらながら思う ワタシでした


スポンサーサイト



フエルトの花プローチ

3月下旬の講習会のための準備も進みつつあります

その中の一つ  フエルトの花 ブローチ


CIMG3463.jpg

細長いフエルトを2枚重ねて、二つ折りにして

輪になっているところに はさみで細かく切り込みを入れ

端からくるくる巻いて(ずれないようにボンドもつけます)輪ゴムでとめ、 切り込んだところを たおしていくと

このような お花ができます 

裏に厚紙で作った台紙をとフエルトを貼り、ピンをつけたら 出来上がり~

水色の花は 孫が作ったもので 細く切り込みを入れられなかったのですが

また違った形のお花ができました


針も糸も使わず ボンドが乾くのを チョット待つだけの あっというま手芸 です



1年で成長しました

2月なんて あっという間に過ぎ去り

3月、 そして学校・職場など 世の中のいろいろな所で 新しいスタートとなる4月


特にお子さんがいる家庭では 成長が感じられる時期ですよね


去年の4月 小学校に入学した孫も ずいぶんと たくましく、大きくなりました

それから わが家では もう一人? いえいえ もう、ひとかた 1年間で大きくなったといえる家族がいます


CIMG3438.jpg

去年の3月 ホームセンターのペットコーナーから 家族として選ばれ 家にやって来て  はや1年

体は2倍に ふさふさ前髪の いかにも重そうな、たれ耳ウサギに 成長しました

たぶん運動不足?  横向き姿は かなり大きいです

このままだと 体に悪いのか よくわからないのですが  春になったら もう少し広い家に入れてあげようかと思っています




春を感じますね

日曜日に ひな人形を飾りました

孫のお雛様は ガラスケースに入っていて 箱から出して終了~  ですが

ワタシの娘のお雛様も 毎年飾ります

CIMG3442.jpg

昨年の忌中の時以外は 2月の半ばに飾り、3月4日には必ず片付ける を忠実に守ってきました

31年前のものですが 何回見ても 立派です

道具もたくさんあり、 説明書を広げながら 飾り付けには かなり時間がかかります


CIMG3453.jpg

こちらは 孫のお雛様

桃のお花もかわいらしく  お雛様を飾ると 春を感じます

外はまだ 雪ですが  もうすぐ あったか~い春が やってきますね

屋根で雪遊び

すごい雪でしたね~

こちらの地域では けっこう降ったねェ  くらいの感覚でしたが

スーパーには品物が届いてなく、スキー場のお客さんもキャンセルが相次ぎ

そして 各地で交通機関のトラブルや 雪の被害

大変な気象状況でしたが みなさん ご無事でしたでしょうか

屋根に積もった高さはそれほどでもなかったのですが 水分を含んだ重い雪だったので

今年2回目の雪下ろしをしました

CIMG3460.jpg

孫が 雪遊びをしていますが  これは 家の屋根の上です

雪下ろしをする時は 必ず一緒に屋根に上ります

今から上がっていたら  きっと、数年後には 上手に雪下ろしができるようになる 

このところ めっきり足腰の弱りをかんじている ばばには 強い見方です 


まさに 雪国の子  ですね


  

かまくらレストラン

昨年からの約束で かまくらレストランへ行って来ました

7才の孫だけでなく 5?年生きてる じじばばも かまくらの中で食事をするのは はじめてデス


CIMG3408.jpg

雪が少ない今年ですが 二十数個の かまくらが作られていて


CIMG3404.jpg

中には  いす (野菜を入れるコンテナをひっくり返したもの) 3個と

真ん中に しちりんが入るようにくりぬかれた テーブル

通常のかまくらは 入口がもう少しせまいと思うのですが お料理を運んで来るためか 大きめです

中はあったかい?  いえいえ その大きめの入口のせいか 風が吹き込み  白い息

でも    運ばれて来ました  アツアツのお鍋

CIMG3407.jpg

田舎風  中身は 白菜と豚肉ときのこ3種 いろどりにほうれん草 

野沢菜のつけもの  梅干のおにぎり  以上です


家の庭にかまくらは作れても ここまでは出来ないので 予約した価値はありました

変わった場所で ごはんを食べるのって  おいしいですよねェ






タオル手芸

3月に講習会を依頼されました

もともと こっちの方が 手作りの情報を教えてもらいたくて サロンを開いたので

講習なんていう 立派なことはできないのですが

でも、 いろいろな人と一緒に何か作るのは とても楽しいので 出掛けて行くことにしました


家にあるような材料で 誰でも簡単に出来て かわいいもの・・・

そんな課題で選んだ  講習作品は


CIMG3402.jpg

タオルで作った ワンちゃん 

これは、ワタシが考案したわけではなく  実家の母が 知り合いから頂いたものです


こんなふうに その辺で見かけたものとか 本に載っているものを  自分なりに

作りやすいように アレンジを加えて  材料も揃え  講習するのが ワタシ流です



フェイスタオル1本と  タコ糸  フエルトの目・鼻・口・耳  飾りのリボン


折って、糸をまいて、パーツを貼って、リボンを結ぶ

裁縫道具も必要なく、すぐ 出来ますよ  

タオルの柄や パーツの色で  いろいろなワンちゃんが出来そう


その他にも おしぼりで作る くまちゃん

布で 折り紙のように折って作る 飾り物や お菓子入れなど   を検討中です

 | ホーム |  page top