プロフィール

なごみ

Author:なごみ
村のでんきやさんの一角に
手作りサロン 作っちゃいましたー
ほのぼのキャラの手作り大好きなワタシの、和めるページです


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ロコベースリペアクリーム

2週間ほど前から 急に 右手の親指の爪の中が痛くなり

以前 学校給食の調理員をしていた時からの 職業病とも言える 爪の切り過ぎか ・・・ と思いながら 数日が過ぎ

よく見ると パクッと 指先が割れていて 水仕事や お風呂に入る時に しみる〜

これ、 CMで見たことある ぱっくり割れ ‼️ 本当になるんだー


早速テレビで見た なおるんだ〜 という 薬を買いに 薬局へGO
店員さんに こんな風になって ・・・ と 説明したら

勧められたのが 薬ではなく、 保湿クリーム ロコベースリペアクリーム

201702211247511ed.jpeg

内容料 30g入りで お値段¥1800 しばし考え

お顔にも使える 高保湿クリーム という言葉にひかれ 買いましたー

いつものクリームをつけて、 馴染んでから その上につけ 保湿を閉じ込める

寝る前につけて 次の日 まだ割れてるけど しみなくなった

そして 2日目 傷が閉じてる

こんなに 保湿〜 早く 顔に使わなくちゃ

1㎝位出して 手で温めてから伸ばす ハードタイプで 1ヶ月は 使えるらしいです

年をとったら ひたすら保湿

またまた 水分不足の おばさんネタでした

販売品 小物入れ

メガネ サイズの 四角い小物入れ

201509280808402d1.jpg

しっかりした 厚めのかすり生地が手に入ったので 机の上の色々な物の指定席に ・・ と 作った物です


スティクシュガーを 横に置けるサイズなので ティータイムの時に

薄い綿を入れて作ってあるので 外した メガネを ちょっと置く時に

外した アクセサリーや 腕時計

車のキーや スマホも ここに置いたら 探さなくていいですよね

ワタシは 糸と 針刺しと 小さなハサミを 置いたりしてます


これも ビニール包装しますが、 しっかり感や 綿のプクプク感を 手に取ってみてほしいので

一つ 見本 として 包装しない物を コメントも付けて 置いています

201702201731086dc.jpeg


手触りも大事ですよね それから 使い方も伝えたいし ・・ ( 和み流 です )

たかやしろ 販売価格 250円

販売品 はんてんの壁掛

折り紙から ヒントをもらって ほつれの少ない和布で 作った ミニはんてん

201702171254516b3.jpg
小さな 長細い布で折ります
糸で縫う必要はなく、 折って ボンドでおさえます

麻ひもで 二つ つないで、 桜の細い枝に結びつけ

20170217124313991.jpeg 完成です

でも 販売所は いつお客さんが来るか わからないし、 作品にホコリがつくのを防ぐため

全部の商品を ビニール包装しているので もう一手間

2017021712431165c.jpeg

和紙を使って 販売品らしく 包みます
・・・・ 桜の小枝ちゃんも かわいく OK ラブリー

たかやしろ 販売価格 250円

おばさんは 毎日が楽しい ?

昨日の 電気屋さんでの出来事 ・・・

社長に 請求書を作るように言われ

これが 1台分の金額だから 、 この内容で 2台分の 請求を お願い と言われたのに

日付はどうする とか その後 違う話をしたら 少し前の記憶はもう すっかり 無くなり

社長に渡された 1台分の内容を そのまま書いて

お願いしま〜す

アレ ⁉︎ これ 1台分だ の 社長の言葉に

やだ〜

文字では伝わらないかもしれないけど、 やだ〜 どうしてくれるの みたいな

まるで 人のせいみたいな言い方で 、 どうって事ないように もう1枚請求書を書く ワタシ

自分のバカさ加減に 呆れて出る言葉 なのですが、 失敗したり 間違えた時に 結構 言います

社長にも怒られず、 笑いさえもありながらの場面でしたが

若い頃には無かった 無敵さ

毎日 楽しいワケですよね おばさん バンザイ

やだ〜 ‼️ と言いながら 社長の背中を たたくところまでいったら 完全に おばさん ですが ・・・

和みの販売品は・・

私が 販売品を作る時に決めている事があります

手作りサロン和み と言ったら ( 藍色 ベース )で統一されていますが

もちろん  作品のテーマは  和 ・・・ 落ち着きます   


かすりなど 和布を使った 手作り品は  材料の生地が高価なので 高い というイメージがあると思いますが

和の生地を ちょこっと入れて 小物を作る  のが和み流 
・・・  ちょこっとだと  普段使いにも いいです

201702142230462a8.jpeg


そして、  和の風合いをこわさないようにしながら  ミシンや 接着剤を使って  簡単に作る

なので  材料費 +α  で  値段を決めています


手縫いのすごい作品ではないですが、 気軽に買えて  持ってうれしい  和小物  がキャッチフレーズです 


本当は 何か かわいい物が出来た時には 誰かにあげたくなってしまうのですが

人それぞれ 好みがあり、 もらっても嬉しくない人もいますよね

お金を出して  買って頂ける  ということは  本当に気に入って喜んで使ってくれる  ということ

利益目的ではなく、 誰かが  私が作った 作品を買って、 いつもそばに置いて  使ってくれる事が   とっても嬉しい という気持ちで 作品を作っています


ただ、  販売所 たかやしろ  に  手数料15% を払わなくてはいけないので  その分 少しだけ乗せなくてはいけません が

直接販売だったら  もっと  リーズナブルに手に入りますよ〜

 | ホーム |  » page top